システム動作要件

PHP

concrete5は主にPHPで書かれています。さらに、追加機能を提供するいくつかのPHP拡張機能が必要です。必要なPHPインタープリターとPHP拡張機能のバージョンは、使用しているconcrete5のバージョンによって異なります。以下に、サポートされている両方のメジャーバージョンのconcrete5の詳細を示します。

バージョン9 動作要件

準備中

バージョン8 動作要件

PHPの要件

PHPバージョン 推奨 動作 備考
5.5 いいえ 8.0+ PHP 5.5 はEOLです
5.6 いいえ 8.0+ PHP 5.6 はEOLです
7.0 いいえ 8.0+ PHP 7.0 はEOLです
7.1 いいえ 8.0+ PHP 7.1 はEOLです
7.2 はい 8.4.3+ PHP 7.2 はEOLです
7.3 はい 8.5+ PHP 7.3 は2021年12月6日でEOLです 
7.4 はい 8.5+ PHP 7.4 は2022年11月28日でEOLです
8.0+ いいえ いいえ  

PHPバージョンの選択

それぞれのPHPバージョンについて、「動作」行で記載されているConcrete CMSのバージョンであれば、そのバージョンのPHP上で許容範囲内で動作することが期待されます。「推奨」行で「はい」とされている場合、それは本番環境用に選択することを推奨するバージョンであり、開発元がテストしているバージョンです。

PHP拡張

concrete5 バージョン8.xでは、以下のPHP拡張が必要です。

  • MySQL (PDO拡張)
  • DOM
  • SimpleXML
  • iconv
  • GD Library with Freetype
  • Fileinfo
  • Mbstring
  • CURL
  • Mcrypt
  • ZipArchive(自動アップデートやコミュニティ機能に必要)

PHP設定

concrete5 バージョン8.xには次の設定が必要です。

  • PHP セーフモードオフ
  • 64MB 以上の PHP メモリ制限(大きな画像ファイルの処理には、さらに多くのメモリが必要になります)
  • MySQL 5.1.5 以上、または MariaDB、かつ utf8mb4サポート
  • MySQL InnoDB テーブルサポート

 

Webサーバー

concrete5はApacheとNginxの両方のWebサーバーをサポートしており、過去にIISで動作するよう作られています。公式サポートは、ApacheおよびNginxのみです。

 

データベース

MySQL(5.7以上)またはMariaDBのどちらも動作します。

MySQLを使用する場合は、InnoDBテーブルがサポートされていることを確認してください。

可能であれば、大きなフォームでの問題を回避するために、テーブルの row_format を dynamic に設定してください。

原文:System Requirements