システム動作要件

PHP

concrete5は主にPHPで書かれています。さらに、追加機能を提供するいくつかのPHP拡張機能が必要です。必要なPHPインタープリターとPHP拡張機能のバージョンは、使用しているconcrete5のバージョンによって異なります。以下に、サポートされている両方のメジャーバージョンのconcrete5の詳細を示します。

バージョン8 動作要件

バージョン8は、concrete5の現在のメジャーリリースです。このシリーズの最新リリースバージョンは、最も安全で安定したバージョンであると考えられています。

PHPの要件

PHPバージョン concrete5に推奨 concrete5での動作 備考
5.5 いいえ はい PHP 5.5 はEOLです
5.6 いいえ はい PHP 5.6 はEOLです
7.0 いいえ はい PHP 7.0 はEOLです
7.1 いいえ はい PHP 7.1 はEOLです
7.2 はい 8.4.3+  PPHP 7.2 はまもなくEOLになります。
7.3 はい 8.5+  
7.4 (今後リリースのv9.0で対応予定) (今後リリースのv9.0)  

PHPバージョンの選択

PHPバージョンが「concrete5の動作」可能となっている場合、その環境でconcrete5が許容範囲内で動作することを期待します。 「concrete5に推奨」されている場合、それは本番環境用に選択することを推奨するバージョンであり、開発元がテストしたバージョンです。

PHP拡張

concrete5 バージョン8.xでは、以下のPHP拡張が必要です。

  • MySQL (PDO拡張)
  • DOM
  • SimpleXML
  • iconv
  • GD Library with Freetype
  • Fileinfo
  • Mbstring
  • CURL
  • Mcrypt
  • ZipArchive(自動アップデートやコミュニティ機能に必要)

PHP設定

concrete5 バージョン8.xには次の設定が必要です。

  • PHP セーフモードオフ
  • 64MB 以上の PHP メモリ制限(大きな画像ファイルの処理には、さらに多くのメモリが必要になります)
  • MySQL 5.1.5 以上、または MariaDB、 utf8mb4サポート
  • MySQL InnoDB テーブルサポート

バージョン7 動作要件

注:concrete5 5.7.xサイトをバージョン8以降にアップグレードすることを強くお勧めします。

PHPの要件

PHPバージョン concrete5に推奨 concrete5での動作 ノート
5.3 いいえ はい PHP 5.3 はEOLです
5.4 いいえ はい PHP 5.4 はEOLです
5.5 いいえ はい PHP 5.5 はEOLです
5.6 いいえ はい PHP 5.6 はEOLです
7.0 いいえ 5.7.5.4 PHP 7.0 はEOLです
7.1 はい(以下を参照) 5.7.5.4 PHP 7.1 はEOLです
7.2 なし いいえ PHP 7.2 はまもなくEOLになります
7.3 なし いいえ  
7.4 なし いいえ  

PHPバージョンの選択

PHPバージョンが「concrete5の動作」可能となっている場合、その環境でconcrete5が許容範囲内で動作することを期待します。 「concrete5に推奨」されている場合、それは本番環境用に選択することを推奨するバージョンであり、開発元がテストしたバージョンです。

PHP拡張

concrete5 5.7.xには、次のPHP拡張が必要です。

  • MySQL (PDO拡張)
  • DOM
  • SimpleXML
  • GD Library with Freetype
  • CURL
  • Mcrypt
  • ZipArchive(自動アップデートやコミュニティ機能に必要)

PHP設定

concrete5 5.7.xには次の設定が必要です。

  • PHP セーフモードオフ
  • 64MB 以上の PHP メモリ制限(大きな画像ファイルの処理には、さらに多くのメモリが必要になります)
  • MySQL 5.1.5 以上、または MariaDB
  • MySQL InnoDB テーブルサポート

Webサーバー

concrete5はApacheとNginxの両方のWebサーバーをサポートしており、過去にIISで動作するよう作られています。公式サポートは、ApacheおよびNginxのみです。

データベース

MySQL(5.7以降)またはMariaDBの両方が機能します。可能であれば、テーブル row_format を dynamic に設定して、大きなフォームでの問題を回避します。

原文:System Requirements