登録日
2017年3月7日

メンバー検索

  

giugnoe285a2

名前(ニックネーム)
jun
自分のconcrete5サイト
ホームページ
自己紹介
concrete5.org のユーザー名
concrete5 Slack Team ID
Twitterアカウント
フォーラム総投稿数
67

コミュニティバッジ

投稿

31から40までを表示 (計67)

Re: サイトインターフェースの翻訳に表示されるオリジナルの文字列について

今後も増え続けそうな気配がして設定を誤ったかと心配になってしまいました…ホッといたしました。
早々にご回答いただきましてありがとうございました。

Posted on 10月 18, 2018 at 6:44 午後

サイトインターフェースの翻訳に表示されるオリジナルの文字列について

多言語機能を利用したサイトを運用中です。

管理画面の「サイトインターフェースの翻訳」に表示されている「オリジナルの文字列」の中に、「Main : 828」といった文字列が大量にあります。
「文脈」は「AreaName」となっており、数字の部分は1から順にインクリメントしているようです。

これは正常な状態でしょうか。
正常でない場合どのような原因が考えられますでしょうか。


# concrete5 バージョン
8.4.3

# PHP バージョン
7.2.6

# サーバー
エックスサーバー

Posted on 10月 18, 2018 at 5:17 午後

Re: サイトの一部に共通のIDおよびパスワードで簡易的なアクセス制限を設定する方法について

Ueno様

会員全員が共通のアカウントでログインする方法で具体的にどのような問題が生じるのか確認するため、IPアドレスの異なる環境から同じアカウントで同時にログインするケースを試してみました。
アドバイスいただいた機能の無効化は設定していない状態ですが、機能の働く条件を満たせていないのか、ログアウトしてしまうような状況は今のところ再現できておりません。
この方法を採用する場合は、再度検証してみようと思います。
ご回答ありがとうございました。

Posted on 10月 11, 2018 at 11:20 午前

Re: サイトの一部に共通のIDおよびパスワードで簡易的なアクセス制限を設定する方法について

Ueno様

補足いただきありがとうございます。
同じアカウントでログインした会員は、会員向けページを閲覧中にログアウトしてしまう可能性があるということですね。
ご案内いただいたinvalidate_on_ip_mismatchの無効化は全てのアカウントが対象のようですので、管理者などのアカウントでもセキュリティ機能のひとつを失うことになる旨を共有し、方針を慎重に検討したいと思います。

多くのユーザーが同じアカウントでログインする本件ではinvalidate_on_user_agent_mismatchの無効化も必要でしょうか。
http://concrete5-japan.org/help/5-7/recipes/config/

会員向けコンテンツの規模が当初より拡大しているため、サブドメインの別サイトにして丸ごとBASIC認証という選択も視野に入ってまいりました。
この方法が面倒は少なそうですが、2サイトに分割して制作・保守のコストが折り合うのか微妙なところです…。

Posted on 10月 09, 2018 at 8:42 午後

Re: サイトの一部に共通のIDおよびパスワードで簡易的なアクセス制限を設定する方法について

pictron様

多くのユーザーが同じアカウントでログインするようにはできていないと考えておりましたので、何らかの問題を生じるのではと心配しておりました。
こちらのフォーラムで運用実績があることも分かりましたので、ご指摘いただいたデメリットを共有しつつ引き続き検討してまいります。

要件4については類推しにくいURLではあるものの、直接アクセスすればページの表示権限に関わらず参照できることを手元の環境でも確認いたしました。
http://concrete5-japan.org/community/forums/chat/post-12390/
http://concrete5-japan.org/community/forums/beginner/post-4935/
本件では会員向けのフォトライブラリ(プレビューおよびダウンロード)の提供を想定しておりますので、この点についても相談しながら進めることになりそうです。

大変参考になりました。
ありがとうございました。

Posted on 10月 01, 2018 at 11:28 午前

Re: サイトの一部に共通のIDおよびパスワードで簡易的なアクセス制限を設定する方法について

pictron様

このようなアドオンで実現されているのですね。
ご紹介いただきありがとうございました。

同じアカウントでログインすると、同時に編集モードを使用した際の「編集できません。」が表示されないことは確認できました。
本件で会員に付与されるのは表示権限のみですので、編集モードで衝突が起きるような心配はなさそうです。
他に問題がなければ1つのアカウントを会員全員で利用する方法でも良いのかもしれません。

Posted on 9月 28, 2018 at 8:18 午後

サイトの一部に共通のIDおよびパスワードで簡易的なアクセス制限を設定する方法について

サイトの一部にごく簡易的な会員向けページを作成することになりました。
http://example.com/member/ 以下のみアクセス制限を設定するようなイメージです。

1. 会員数は2,000名程度
2. IDおよびパスワードはすべて共通
3. 会員に必要な権限は閲覧のみ(パスワード再発行やプロフィール管理などの機能は不要)
4. 会員向けページでの掲載画像にも同様のアクセス制限を設定


会員全員を登録しグループに紐づけて表示権限を付与する方法ですと、要件2を満たせそうにありません。
要件1につきましてもユーザーを一括インポートする手段がないと登録の工数が大きくなりそうです。

こちらでは会員全員が同じアカウントを使用しログインするという方法で実現されているようです。
http://concrete5-japan.org/community/forums/usage/post-6802/
この方法でも不具合やパフォーマンスが落ちる等の問題は特に生じないと考えて良いのでしょうか。

会員向けページのURLにBASIC認証を設定するという方法も考えられます。
concrete5へのログインが不要になるとキャッシュの機能も利用できそうですが、concrete5の機能への影響が心配です。
このような運用をされている方がおられましたら、手順や注意点などご教示いただけますと助かります。


よろしくお願いいたします。


# concrete5 バージョン
8.4.2

# PHP バージョン
7.2.6

# サーバー
エックスサーバー

Posted on 9月 26, 2018 at 12:43 午後

Re: 言語による条件分岐について

hishikawa様

ご提案いただきました方法で実現することができました。
Elementalテーマのご指摘の部分は、当方で使用中のheader.phpにも記述されておりました。
これを利用すれば良かったのですね、早々にご回答いただきましてありがとうございました。

Posted on 6月 19, 2018 at 1:17 午後

言語による条件分岐について

多言語機能を利用して日本語と英語に対応したサイトを制作中です。
ヘッダーやフッターは「多言語版のグローバルエリアを作成」機能のおかげで要件の大部分を満たせそうなのですが、読み込むファイルを分けた方が管理上望ましいと感じる箇所があります。
例えば日本語ではfooter.php、英語ではfooter-en.phpを読み込むなど、表示中の言語で条件分岐してテンプレートで読み込むファイルを変更する方法はございますでしょうか。


# concrete5 バージョン
8.3.2

# PHP バージョン
7.1.4

# サーバー
エックスサーバー

# クライアント
macOS 10.12 + Firefox 60

Posted on 6月 18, 2018 at 9:54 午後

Re: インストール時に言語選択が表示されない

Ueno様

この度はお忙しいところご助力を賜りましてありがとうございました。
ご報告させていただきました通り、現在のところ問題は解消しております。

当方環境に変更はなく、concrete5.orgにてご確認いただいた時点ではブロックの痕跡はなかったとのことで、WAFによるブロックが一定時間を経過して自動的に解除されたのかもしれないということで解決とさせていただきたいと思います。

お力添えをいただきました皆様に感謝いたします。

Posted on 6月 07, 2018 at 12:21 午後