登録日
2016年2月25日

メンバー検索

  

g_snoopy

名前(ニックネーム)
g_snoopy
自分のconcrete5サイト
ホームページ
自己紹介
concrete5.org のユーザー名
concrete5 Slack Team ID
Twitterアカウント
フォーラム総投稿数
17

コミュニティバッジ

投稿

1から10までを表示 (計17)

Re: AWS EC2 環境下での Migration Tool について

早速の返信ありがとうございます。

下記ログを確認しました。
```
Exception Occurred: /var/www/html/concrete/vendor/doctrine/common/lib/Doctrine/Common/Proxy/AbstractProxyFactory.php:209 Doctrine\Common\Proxy\AbstractProxyFactory::getProxyDefinition(): Failed opening required '/var/www/html/application/config/doctrine/proxies/__CG__PortlandLabsConcrete5MigrationToolEntityImportAttribute.php' (include_path='/var/www/html/concrete/vendor:.:/usr/share/pear:/usr/share/php') (64)
```

結果、移植時のトラブルと判断し hisikawa 様のブログ手順で復旧が叶いましたので報告いたします。

参考:http://concrete5.co.jp/blog/fix-error-not-found-doctrine-proxy-classes

Posted on 9月 01, 2020 at 11:21 午前

AWS EC2 環境下での Migration Tool について [解決]

AWS EC2 環境下での Migration Tool について

現在ある案件で5.6系から Migration Tool を使用してのバージョンアップを行っています。

その処理時にステージ環境として aws 上で centos をosして concrete5 構築し Migration tool を導入しました。

正確には local(MAMP)で構築した環境を移植しました。

構築後表面上は問題無く動いているのですが、管理画面から Migration tool へ入り作成してある Import Batch を選択すると "Load error! (Internal Server Error) がページリスト部分に表示されます。

おかしいと思い webインスペクタでコンソールを確認すると 500エラーが発生していました。

error-----
[Error] Failed to load resource: the server responded with a status of 500 (Internal Server Error) (validate_batch, line 0)
[Error] Failed to load resource: the server responded with a status of 500 (Internal Server Error) (load_batch_collection, line 0)
-----/error

解決策をご存じの方はおられますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Posted on 8月 31, 2020 at 10:44 午後

Re: Re: ページ検索からのページ移動/コピーについて v8.4.2

対処ありがとうございます。

少数移動は手動対処しつつ、待ちたいと思います。

Posted on 4月 06, 2020 at 2:40 午後

Re: ページ検索からのページ移動/コピーについて v8.4.2

ご確認ありがとうございます。

依頼のございましたとおり、管理画面を英語に変更後に該当の処理を行うことで
"Call to a member function isExternalLink() on null" のエラーウィンドウが開くことを確認しました。

Posted on 4月 06, 2020 at 10:46 午前

ページ検索からのページ移動/コピーについて v8.4.2

複数ページの一括移動を行うために「管理画面 > サイトマップ > ページ検索」から
該当のページ群を検索し、対象のページにチェックを行いました。
そこから「選択項目の操作」メニューの「移動/コピー」を選択すると
フルサイトマップウィンドウが開きます。
表示されたページツリーから移動先ページをクリックするのですが、
ページが選択されるだけで動きがありません。
以前は「移動/コピー」の確認ウィンドウが表示されていたと思うのですが。。

移動/コピーについて解決方法をよろしくお願いします。


【環境】
- Concrete5 5.8.2
- MAMP Pro
- PHP 7.3.9
- OS Mac
- 確認ブラウザ: Safari、Chrome、Firefox、WinEdge、WinIE11

# concrete5 Version
Core Version - 8.5.2
Version Installed - 8.5.2
Database Version - 20190925072210

# Database Information
Version: 5.7.26
SQL Mode: ONLY_FULL_GROUP_BY,STRICT_TRANS_TABLES,NO_ZERO_IN_DATE,NO_ZERO_DATE,ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO,NO_AUTO_CREATE_USER,NO_ENGINE_SUBSTITUTION

# concrete5 Packages
Hyogo Environment Package (0.1.alpha)

# concrete5 Overrides
jobs/mig_p_name_exchange.php

# concrete5 Cache Settings
Block Cache - Off
Overrides Cache - Off
Full Page Caching - Off
Full Page Cache Lifetime - Every 6 hours (default setting).

# Server Software
Apache

# Server API
apache2handler

# PHP Version
7.3.9

# PHP Extensions
apache2handler, bcmath, bz2, calendar, Core, ctype, curl, date, dom, exif, fileinfo, filter, ftp, gd, gettext, hash, iconv, imap, intl, json, libxml, mbstring, mysqli, mysqlnd, openssl, pcre, PDO, pdo_mysql, pdo_pgsql, pdo_sqlite, pgsql, Phar, posix, Reflection, session, SimpleXML, soap, sockets, sodium, SPL, sqlite3, standard, tokenizer, wddx, xml, xmlreader, xmlwriter, xsl, zip, zlib

# PHP Settings
max_execution_time - 30
log_errors_max_len - 1024
max_file_uploads - 20
max_input_nesting_level - 64
max_input_time - 60
max_input_vars - 1000
memory_limit - 128M
post_max_size - 8M
upload_max_filesize - 32M
mbstring.regex_stack_limit - 100000
mysqli.max_links - Unlimited
mysqli.max_persistent - Unlimited
pcre.backtrack_limit - 1000000
pcre.recursion_limit - 100000
pgsql.max_links - Unlimited
pgsql.max_persistent - Unlimited
session.cache_limiter - no value
session.gc_maxlifetime - 7200
soap.wsdl_cache_limit - 5

Posted on 4月 01, 2020 at 10:14 午前

Re: concrete5 5.6でのグーグルマップの表示について

GoogleMapで対象のお店を検索した結果、ご希望の情報と同様の情報が表示されているのであれば、Googleの「地図を共有または埋め込む」機能で実現可能だと思います。

上記の機能画面で「埋め込む」タブを選択し、表示された「iframe」のタグをConcrete5で作成しているページへHTMLブロックなどを使用し挿入すれば希望の表示が得られるのではないでしょうか?

Concrete5のGoogleMapブロックではなく、GoogleMapが提供している「埋め込み」機能を使用するところがポイントです。

Posted on 6月 14, 2019 at 9:33 午前

Re: 記事ブロックの「表」が表示されない

表の罫線が表示されないと言う理解でよろしいでしょうか?

Taoさんの解析通りであれば最終的に"table"タグに"table table-bordered"でクラス指定を行なえば解決すると言うことになります。

上記のクラス指定の方法が分からないとう事だと思いますので、下記を参考に設定を行なってみてください。

1. 該当の表を選択し、「表のプロパティ」を表示させる。
2. 「表のプロパティ」ウィンドウの「高度な設定」タブを選択する
3. 「スタイルシートクラス」のインプットフィールドに「table table-bordered」を入力

上記の動作で"table"タグに"table table-bordered"でクラス指定を行なえます。

Posted on 11月 30, 2018 at 2:10 午後

自動実行ジョブの実行権限(ユーザー)について

お世話になります。

自動実行ジョブを自動化した際の実行者(ユーザー)を変更する方法について質問です。

環境:
# concrete5 Version
Core Version - 8.4.2
Version Installed - 8.4.2
Database Version - 20180716000000
MAMP

現在、メンバーズサイトを構築しています。

サイトではゲストアクセスは不可に設定しておりメンバーのみ閲覧可能です。

今回の自動実行ジョブの機能は下記のフローで処理を行ない、特定ページタイプのページに設定された属性値が空なら既定値を設定するものです。

- 全ページから特定のページタイプをフィルタリングしページリストを取得
- ページリストから1ページづつ特定の属性値が空かどうかを判定し処理
- 対象ページ数と処理ページ数をlogとして出力

上記のジョブをアドミンユーザーで「自動実行ジョブ」画面から「実行」させるとレポートにはユーザーが「admin」で処理され正常なファイル数が出力されます。
しかし「自動実行ジョブ」画面の「このジョブを自動化」で設定を行い処理を行なうとレポートに出力される結果にはユーザーが「ゲスト」で処理ファイル数が「0」になります。

「このジョブを自動化」で処理を行なう際実行ユーザーの設定は可能でしょうか?

Posted on 11月 02, 2018 at 11:16 午前

Re: OAuth認証のあるAPI作成

アドバイスありがとうございます。

バージョン9が待ち遠しいですが、現時点ではじっくり該当の記事を読みたいと思います。
smiling

Posted on 6月 29, 2018 at 2:04 午後

OAuth認証のあるAPI作成

お世話になります。

想定Concrete5バージョン 8.x
想定サーバー機 Linux server

少しCMSの本質から離れた質問になるのですが、concrete5で入力した情報を他デバイスへ配信する事を求められています。

単純に配信するのであれば、情報をXMLなりJSONなりで返すURLを準備すればいいのですが、今回クライアントから、セキュリティ上の都合で外部公開するAPIにはトークンを利用した認証を使用したいと言う要望があります。

非常にざっくりとした質問で申し訳ないのですが、concrete5 で
・トークンの発行が可能か(アドオン含む)
・トークンの認証が可能か
っといた辺りの事をご教授いただけないでしょうか

よろしくお願いいたします。

Posted on 6月 29, 2018 at 11:11 午前
« 前12次 »