同じ症状です: KAGOYAのマネージド専用サーバーにインストール時「concrete5 request URLをサポート」の チェックが付かない

2019年3月14日 at 9:14

まさに、同じカゴヤのマネージド専用022サーバーでインストールしようとしたところ、同じところでつまずいています。

こちらもORIG_PATH_INFOもPATH_INFOも取得OK

AcceptPathInfo On
php_value session.save_path "/home/〇〇〇/session"
php_value cgi.fix_pathinfo 1
php_value session.auto_start 0

を記述し、sessionフォルダの属性も書き込みOKに
また、同じPHP7.0系に

しかしながらエラーが解決しません。
ためしにPHP7.1やPHP7.2に変更もしましたが解決せず
もし他に設定されたところがあれば教えていただけないでしょうか?

ちなみにconcrete5は最新版とそれ以外同じバージョンconcrete5-8.4.3.zipもいれてみましたが、同じエラーですすめないため、concrete5のバージョンの差ではないと思うのですが・・・

Re: KAGOYAのマネージド専用サーバーにインストール時「concrete5 request URLをサポート」の チェックが付かない

2019年3月16日 at 14:04
カゴヤさんのお問い合わせフォームから問い合わせしました。
カゴヤの研究室に掲載されているサーバー環境

<バージョン8の動作要件>

PHP 7.2以上の最新バージョンを推奨(PHP 5.5.9 以上)
PHPの拡張機能
・MySQL (PDO拡張)
・DOM
・SimpleXML
・iconv
・GD Library with Freetype
・Fileinfo
・Mbstring
・CURL
・Mcrypt
・ZipArchive(自動アップデートやコミュニティ機能に必要)
PHP セーフモードオフ
64MB 以上の PHP メモリ制限(大きな画像ファイルの処理には、さらに多くのメモリが必要)
MySQL 5.1.5 以上、または MariaDB
MySQL InnoDB テーブルサポート
http://www.kagoya.jp/howto/webhomepage/cms_concrete5/

ーーーーーーーーーーーーーー
については満たしているとのことでした。
しかし、個別の動作保証はしていないというお返事でした。
問い合わせへの対応は、当たり前といえば当たり前ですが、カゴヤのサイトに掲載してあったので、インストールができないのは大変残念でした。
もう少し色々調べてみたいと思います。