アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2017年8月27日 at 9:57

おせわになります。
現在、さくらインターネットのスタンダートの環境でconcrete5のバージョン5.5.2.1を使用しています。
以前は別のレンタルサーバで構築していた環境を移行した経緯があります。

質問なのですが、
1)現状の最新バージョンは8.xのようですが、そのバージョンへ5.5.2.1からアップグレードが可能であるかどうか
2)アップグレードをすべきかどうか

なんとなくではありますが、
5.x系から8.x系へのアップグレードは難しいのではないかと思いますが、なにか方法があるようでしたらご教授頂けたら今後の検討のために助かります。
宜しくお願い致します。

タグ:

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2017年8月28日 at 8:01
お世話になります。

> 1)現状の最新バージョンは8.xのようですが、そのバージョンへ5.5.2.1からアップグレードが可能であるかどうか

回答としては、不可能で、5.6.3.4 にアップグレードする必要があります。

5.6.3.4 (日本語版準備中) にアップグレードしていただいてから、
8 にサイトを移行するという手順になります。

移行は Migration Tools というツールを使って、
旧サイトのデータをエクスポートし、
新サイトにデータをインポートします。

その際

- 日本語 URL は非対応になるので予め設定しておく
- 移行時に同名のファイルが存在できないので、ユニークな名前になるようにリネームしておく
- 権限・グループの設定の移行部分は移行時に移動できないと思ったので、設定し直し
- テーマは 5.6 と 8 は若干の互換性はあるが、8 に合わせる必要がある
- カスタムテンプレートなど、view の部分も同じ
- アドオンは 5.8 移行に対応しているもののみ可能。その他はカスタマイズで対応が必要

となります。

もうちょっと詳しい内容を共有できるようにしたいと思っていますが、ちょっと準備しなければいけない物が多く、我々もサイトを移行して経験を積んでからアドバイスしたいと思っているので・・・。

> 2)アップグレードをすべきかどうか

まだ、5.6 のサポートが終了するという時期が判明するまで、急がれなくても大丈夫かと思います。

5.6 系のサポートは、concrete5.org のマーケットプレイスで、5.6 のアドオンの販売を停止する時が来たときに停止するとのことで、まだちょっと脆弱性やバグのサポートは続けられます。

よろしくお願いします。
 

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2018年1月6日 at 18:51
ご教授有難うございます。
だいぶ時間が経ってしまい申し訳ありませんでした。
なかなか手強そうな感じがしますが時間を作ってチャレンジしてみようと思います。
 

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2018年1月8日 at 16:50
5.6.3.4 にアップグレードを試みましたが、
更新ボタン押下直後にHTTPエラー500となってしまいます。
バックアップしておいたファイルを戻して復旧しました。
DBは何も変わっていないようでなにも処置しないまま復旧したようです。

PHPのログには以下のようにエラーが出ていました。
[08-Jan-2018 08:20:40 Europe/Berlin] PHP Fatal error: Uncaught exception 'ADODB_Exception' with message 'mysqli error: [1054: Unknown column 'logUserID' in 'field list'] in EXECUTE("insert into Logs (logType, logText, logIsInternal, logUserID) values ('exceptions', 'Exception Occurred: C:\\xampp\\htdocs\\studiomon\\wwwroot\\updates\\concrete5.6.3.4.ja\\concrete\\libraries\\3rdparty\\adodb\\adodb-exceptions.inc.php:78 mysqli error: [1054: Unknown column \'logUserID\' in \'field list\'] in EXECUTE("insert into Logs (logType, logText, logIsInternal, logUserID) values (\'packages\', \'Warning - failed to load package with pkgHandle \\\'flickr\\\'. Could not find package controller file: \\\'C:/xampp/htdocs/studiomon/wwwroot/packages/flickr/controller.php\\\'\\n\', 0, NULL)")\n (1054)\n\n#0 C:\\xampp\\htdocs\\studiomon\\wwwroot\\updates\\concrete5.6.3.4.ja\\concrete\\libraries\\3rdparty\\adodb\\adodb.inc.php(1074): adodb_throw(\'mysqli\', \'EXECUTE\', 1054, \'Unknown column ...\', \'insert into Log...\', false, Object(ADODB_mysqli))\n#1 C:\\xampp\\htdocs\\s in C:\xampp\htdocs\studiomon\wwwroot\updates\concrete5.6.3.4.ja\concrete\libraries\3rdparty\adodb\adodb-exceptions.inc.php on line 78

カラムが無いとのエラーのようですが、原因は何でしょうか?
 

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2018年1月9日 at 10:08
こんにちは

私の方でも原因はわかりませんが、
フォーラムに似たエラーの投稿が見つかりました。

下記のケースでは、アップデートのプロセスが中途半端に終ってしまっていたようです。
ファイルは最新版になってしまったのにデータベースの更新ができなかったようですね。

http://www.concrete5.org/community/forums/installation/fatal-error-uncaught-exception-adodb_exception

【concrete5サイトのURL】/index.php/tools/required/upgrade/
で再度アップグレードを実行していただくことで処理を継続して回復出来る場合があります。

あとアップデートは特定のバージョンからしか 5.6.3.4 にしかアップデート出来ないため
http://concrete5-japan.org/help/5-6/install/how_to_upgrade/
をご確認下さい。
 

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2018年1月9日 at 10:11
あと、上記フォーラムの最後のコメントを見逃していました。
MySQL テーブルを phpmyadmin から Repair (修理) しても復旧した方もいらっしゃっています。
 

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2018年1月9日 at 10:43
有難うございます。
ご指摘の通りバックアップしておいたファイルを戻した所、復活しました。
現在のバージョンは5.5.2.1で、教えて頂いたように5.6.3.4へアップを試みましたが上手く行かなかった次第です。

5.5.2.1から5.6.3.4へアップする際のDBのスキーマの更新(カラムの追加)を行うSQLを直接実行することでエラーを回避できないでしょうか?
 

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2018年1月9日 at 12:58
ローカルの XAMPP で concrete5 を走らせているようですね。

あくまでも推測なのですが、
もしかすると、PHP の実行時間が短すぎるのが原因かもしれません。

方法は2つあります。

一つ目は、XAMPP の設定で、PHP の実行時間を長くしてみることです。

参考
http://money-affairs.com/xampp-fatal-error/

2つ目は、一気に、concrete5.5.2.1 からアップグレードしないで、1バージョンずつゆっくりアップグレードしていくことで、アップグレード個別にかかる時間を短縮することです。

過去バージョンは、以下のリンクの下の部分よりダウンロード可能です。
http://concrete5-japan.org/about/download/

よろしくお願いいたします。
 

Re: アップグレードについて(必要性と可能なアップグレード)

2018年1月11日 at 15:53
有難うございます。
実行時間の制限の拡張を試してみます。
それで駄目なら段階的にアップする方法を試してみます。