カノニカルURLが知らないうちに追加され、新規で作られたカノニカルURLにページの場所が自動で変わった

2020年3月26日 at 22:16

・サーバー:Windows 10
・PC:Latitude E7270
・concrete5 のバージョン :8.5.1

こんにちは。件名の件でお問い合わせしました。

なぜがまったく検討がつかないのですが、起きました。
直前の操作としては

親ページA配下に子ページB、孫ページCを作る。(子ページBは親ページAから新規子ページ作成、孫ページCは他の親ページをコピーして作成)

孫ページCのカノニカルURLに親ページAを設定。一度テストとしてCの場所をAにして、CのURLでAにリダイレクトされるかテストして出来たので、Cの場所を元のCに戻した。

その状態でページCの閲覧権限にゲストを追加し、キャッシュクリア

本番環境で親ページAにアクセスすると、孫ページCにリダイレクトされるようになった
また、親ページA のカノニカルURLが(親ページA-1といった感じで)作られており、向かわせ先を親ページAにするように自動でなっていた。


色々試したのですが再現せず、お手上げ状態なのでお手を借りれれば幸いです。

タグ:

Re: カノニカルURLが知らないうちに追加され、新規で作られたカノニカルURLにページの場所が自動で変わった

2020年3月27日 at 0:05
ひょっとしたら、URLスラッグのこと・・・かな?

私のこれまでの経験だと、
別ページにすでに存在するURLスラッグと同じURLスラッグをつけると、
デフォルトで「-1」がつきます。(abcならabc-1)

親とか子とか孫とかきちんと階層立てしてあれば問題ないのですが、
移動したりして親ページが同じになり、
同名のURLスラッグが存在することになったどこかの時点で、
-1がつくことになるようです。

ちなみにURLスラッグは編集可能です。


話の感じからcanonicalではなく、たぶんURLスラッグのことかと思いましたが、
違ってたらすみません。