登録日
2014年11月8日

メンバー検索

  

endo

名前(ニックネーム)
多摩勉強会/遠藤
自分のconcrete5サイト
http://www.generation.ne.jp/
ホームページ
http://www.generation.ne.jp/
自己紹介
concrete5に関わる皆さんと情報交換したいです!
concrete5.org のユーザー名
concrete5 Slack Team ID
Twitterアカウント
フォーラム総投稿数
201

コミュニティバッジ

WEB 編集メンバー concrete5 のヘルプドキュメント編集を手伝っていただいている方です。どなたでも参加できます。詳しくはconcrete5 コミュニティ活動のお誘いへ。
ローカルグループリーダー concrete5 ローカルグループのまとめ役をしている方です。勉強会やイベントを開催していただけるのであれば誰でもなることができます。詳しくはconcrete5 コミュニティ活動のお誘いへ。
エバンジェリスト 宣伝・普及活動を行っていただいている concrete5 の伝道師です!エバンジェリストについて

投稿

141から150までを表示 (計201)

Re: Designer Contentで作成したブロックをページリストテンプレート内で表示したいです

自分で提示しておいて、恥ずかしいですが、ちょっとコードが汚いですね。

折角、imageヘルパーを使っているので、outputThumbnailでimgタグを出力してあげた方が、
concrete5っぽくてスマートに成ります。

Posted on 4月 26, 2015 at 12:59 午前

Re: Designer Contentで作成したブロックをページリストテンプレート内で表示したいです

contiさん

失礼しました。

get_image_object は、Designer Contetntで作成した、contollerに定義される、
private functionですね。
(相変わらず、コードの動作未検証ですが、get_image_objectのロジックを持ってきてみました)

// get instance of the block
if (is_object($blocks[0])) {
$bObj = $blocks[0]->getInstance();
// print property of the block (Designer Content style)
echo $bObj->field_1_textbox_text;


// set field_2_image from field_2_image_fID
if (!empty($bObj->field_2_image_fID)) {
$file = File::getByID($bObj->field_2_image_fID);
$ih = Loader::helper('image');

// set for width and hight attribute for image tag
$width = 200;
$width = 400;
$image = $ih->getThumbnail($file, $width, $height, true);

$bObj->set('field_2_image', $image);
}
if (!empty($field_2_image)) { ?>
<img src="<?php echo $field_2_image->src; ?>" width="<?php echo $field_2_image->width; ?>" height="<?php echo $field_2_image->height; ?>" />
<?php
}
}

Posted on 4月 26, 2015 at 12:34 午前

Re: Designer Contentで作成したブロックをページリストテンプレート内で表示したいです

contiさん

hissyさんのコードに追記するのは、おこがましいですが、
こんな感じで動くかと・・・(動作未検証です)

// get instance of the block
if (is_object($blocks[0])) {
$bObj = $blocks[0]->getInstance();
// print property of the block (Designer Content style)
echo $bObj->field_1_textbox_text;

// set for width and hight attribute for image tag
$width = 200;
$hight = 400;

// set field_2_image from field_2_image_fID
$bObj->set('field_2_image', (empty($bObj->field_2_image_fID) ? null : $bObj->get_image_object($bObj->field_2_image_fID, $width, $hight, true)));
if (!empty($field_2_image)) {
?>
<img src="<?php echo $field_2_image->src; ?>" width="<?php echo $field_6_image->width; ?>" height="<?php echo $field_6_image->height; ?> alt="<?php echo $field_2_image_altText; ?>" />
<?php
}

}

Posted on 4月 25, 2015 at 9:46 午後

IT会社様のコーポレートサイト

先日、サイト制作を携わらせて頂いた、
株式会社アライズ殿のサイトが公開されましたので、ご紹介させて頂きます。

https://www.arise.co.jp/

トップページはパララックスで実装し、
約15個のカスタムブロックを実装させて頂き、それを組み合わせて配置する事で、
様々なページデザインを賄えるよう、対応させて頂きました。

Posted on 4月 20, 2015 at 10:11 午後

Re: Concrete5の導入について

mukitaroさん

私自身も、独自のCMSを開発している側ですので、
オリジナルのCMSからconcrete5に切り替え検討されているとの事で、
複雑な思いがございますが、
是非、concrete5で運用工数削減が出来ますように!

今後ともよろしくお願いいたします。

Posted on 4月 17, 2015 at 10:09 午後

Re: Concrete5の導入について

mukitaroさん

③デバイスによる表示切替について

こちらだけの回答?になりますが、

標準で機能がついているようです。
/concrete/src/Routing/DispatcherRouteCallback.php

ここに、「Mobile_Detect」というクラスが用意されていますので、
$md = new \Mobile_Detect();
if ($md->isMobile()) {
$this->addHeaderItem('<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1"/>');
}


といった利用方法があるようです。

テーマの切り替えも、オリジナルのソース内に記述があるようで、
(/concrete/src/Routing/DispatcherRouteCallback.php)
// Mobile theme
if (Config::get('concrete.misc.mobile_theme_id') > 0) {
$md = new \Mobile_Detect();
if ($md->isMobile()) {
$mobileTheme = Theme::getByID(Config::get('concrete.misc.mobile_theme_id'));
if($mobileTheme instanceof Theme) {
$view->setViewTheme($mobileTheme);
}
}
}


と、Configでモバイル用のテーマを宣言して、デバイスタイプで切り替えているロジックがあるようです。

自分で試した訳ではないので、実際に動作するかは、未確認ですが、ご参考になれば・・・

Posted on 4月 17, 2015 at 8:56 午後

XREAさんのミドルウェアバージョンアップ

XREAさんですが、2014年12月頃から、
Apache、DB、PHP
の大幅なバージョンアップが行われているようですが、

これによって、concrete5が動作しなくなった方とかいらっしゃいますでしょうか?

既にXREAさん上で、concrete5 5.6でサイト公開しているのですが、
旧バージョンで動作している為、
バージョンアップ後も「設定変えずに」「○○の設定変えただけ」
など、情報があれば、共有いただけると助かります。

Posted on 4月 16, 2015 at 12:10 午前

Re: コミュニティ接続がうまくいかない場合

問題はコンクリ自体がhttpで接続しようとしてしまうということ


確かに、
/concrete5.7.3.1/concrete/config/concrete.php
で、セキュアサイトも定義されていたので、
/concrete5.7.3.1/concrete/src/Marketplace/Marketplace.php

上記を修正すれば、直りそうです。
検証していませんが、こんな感じで・・・

35,40c35
< if(isset($_SERVER['HTTPS']) && $_SERVER['HTTPS'] == 'on')
< {
< $url = Config::get('concrete.urls.concrete5_secure') . Config::get('concrete.urls.paths.marketplace.connect_validate') . "?csToken={$csToken}&csiURL=" . $csiURL . "&csiVersion=" . APP_VERSION;
< } else {
< $url = Config::get('concrete.urls.concrete5') . Config::get('concrete.urls.paths.marketplace.connect_validate') . "?csToken={$csToken}&csiURL=" . $csiURL . "&csiVersion=" . APP_VERSION;
< }
---
> $url = Config::get('concrete.urls.concrete5') . Config::get('concrete.urls.paths.marketplace.connect_validate') . "?csToken={$csToken}&csiURL=" . $csiURL . "&csiVersion=" . APP_VERSION;

Posted on 4月 10, 2015 at 9:49 午後

Re: コミュニティ接続がうまくいかない場合

失礼しました。
(GitHubのキャプチャーも参照させていただきました)

確かに、公式認証局かどうかの問題ではないです。

https通信なのに、一部がhttp通信である為に警告がでるのは、
concrete5(プログラム)の問題ではないと思います。
唯一対応できるとしたら、通信プロトコルを見て、
httpsで接続できるサイトも用意する事位ではないでしょうか?

Posted on 4月 10, 2015 at 11:11 午前

Re: コミュニティ接続がうまくいかない場合

この事象ですが、ssl通信を始めるにあたって、公式認証局の証明書じゃないけど続けますか?
と、ブラウザー側が警告するステップで止まっているので、concrete5の問題ではないかと...

xamppやMAPMで自己証明書で静的なサイトを作っても、この警告ステップで、ブラウザーの表示は一度止まるのと、同じだと思います。

Posted on 4月 10, 2015 at 10:42 午前